NZ lifeニュージランド永住

 海外移住を実現させるために、留学、日々の出来事について書いていきます。

留学先であると便利なカード

 

 留学先(ワーホリ)現地で作ると便利なカード

1、ポイントカード

 

今回もニュージランドを例に挙げて紹介します

1、ONE CARD

f:id:rubby11kei:20170729225707j:plain

NZ大手スーパー、【COUNT DOWN】のポイントカード。

f:id:rubby11kei:20170729224844j:plain

 

キャンペーンの品物によってカードを提示すると割引があります

その他に、

$10のお買い上げに、1ポイント加算されるの。

200ポイント集めると、$15のVOUCHERがもらえる仕組みです。その他にも特典はあるので長期滞在の方は作るとお得です

無料で作れます)

現地に滞在している人は誰でも簡単に作れます

リンクを貼っておきますのでこちらで確認してみてください

www.countdown.co.nz

2、図書カード

 

(借りた本はどこの図書館にでも返却可

オークランドでは55施設の図書館があります)

図書館にはDVDCD,日本の漫画も英語版でたくさんあります

⭐︎DVDCDは無料ではないのもあります⭐︎

カードのデザインは何種類かありました

こちらのデザインはマオリをイメージしたデザインのカードです

パスポートがあれば無料で作れます

英語ができなくても

係の人に「How can I get a library card? 」と伝えれば手続きが開始し

できます。

参考に(留学センターさんの方でわかりやく作り方まで日本語で

書いてありましたのでリンクを貼っておきます)

newzealand-ryugaku.com

 

 

 

f:id:rubby11kei:20170729225737j:plain

3、交通機関のカード

 

 

AT HOPカード

f:id:rubby11kei:20170729225807j:plain

こちらはNZの北島のオークランドで使えます

鉄道、バス、(Skybus(空港バス)フェリーで使用可能です

 

学生はなんと学割もあるのでお得です!!

 

まず全ての交通機関において、割引価格で乗車できます。

少なくとも2割引、場合によっては5割引になる場合もあります。

具体例を挙げると、City Linkというオークランド中心部を周回するバスは現金だと1ドルですが、at hopカードなら50セントです。

 

 

カードを作るのに$10必要

チャージの最低金額$10、最大金額は$300です。

 

ちなみにイギリス英語ではチャージはTop upといいます

 

⭐︎⭐︎他の都市のウエリントンではまた

別のカードになります⭐︎⭐︎

 

スナッパーズカード

f:id:rubby11kei:20170729225833j:plain

バス、車のパーキング、タクシー、ケーブルカー

にも利用可能です(割引価格で乗車できます。)

 

 

f:id:rubby11kei:20170729231804j:plain